リハビリ職として、どのような方を対象にして働いていきたいかをイメージすることが就職や転職に大切なことと思う。

理学療法士、総合病院のリハビリ職として2年勤務

総合病院なので毎日たくさんの患者さんが来られ、リハビリをされる方の担当件数が増えすぎて、気持ちに余裕がなくなってしまったため。また、知り合いが高齢者のデイサービスセンターに勤めており、高齢者のリハビリに興味を持ったため。

デイサービスに勤めている知り合いに、そこのデイサービスがリハビリ職の募集をしていないか確認した。募集していないとのことで、しばらくは病院で働きながら地域に点在するデイサービスに電話して募集状況を確認した。なかなか見つからなかったが、2ヶ月ほどして、以前電話したデイサービスの方からリハビリ職に空きが出たとの連絡が来た。すぐに面接を行ないその場で採用が決まったため、もとの病院に辞表を提出。その1ヶ月後からデイサービスに勤務し始めた。

給料は下がったが、以前のような慌ただしさはなく、ゆったりとした時間の中で高齢者とリハビリを行なうことが出来るようになったため、転職して良かった。

地域のデイサービスの規模や内容などを色々と自分で調べ、積極的にリハビリ職の募集がないか電話したのが良かった。

高齢者とリハビリを行ない、その方が少しでも安全・安心な在宅生活を継続して行えるよう支援をしていきたい。

リハビリ職として、どのような方を対象にして働いていきたいかをイメージすることが就職や転職に大切なことと思う。

介護業界や医療業界との連携をもっと行なってほしい。

 

老人ホームの病院で理学療法士を8年勤務いました。

老人ホームの病院8年の経験をつみ色々とお年寄りの役に立てましたので、お年寄りではなく、若い方の役にたてたらどんなかなぁと思い転職しました。
年寄りとは違い色々とまた別の経験をつめたらいい経験になれると自分の為になると思いました。

老人ホームでのお年寄りでのリハビリの仕方は転倒にとても要注意して一人一人違いますので、その人の心のケアのサービスもしました。
難しい方はしれなりに、とても大変でした。お年寄りのリハビリする時ですが、体調とその日の気分も見ながらリハビリを行いました。
大変ではありましたが、いい経験になりました。
その人のリハビリの仕方を何回かすればお年寄りが楽しくリハビリをしてよくなるようにコミニケションを取りながら頑張りました。

転職してからは職場によって給料も違いますので、一番職場の雰囲気や人間関係が大事です。
長くいられるのもその2っだと感じました。

職場の雰囲気や人間関係が大事ですので転職してからの職場ではそれが良かったので、楽しく仕事出来ました。

将来・今後についてですが、自分の体調はもちろんですが、相手に喜ばれるようにお仕事を頑張りたいと思います。

これから転職・職探ししている方職場の雰囲気や人間関係をクチコミでもいいですので、そこを考えて転職してほしいです。

 

転職すっか、理学療法士の給料安すぎワロタ